×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハゲのタイプと予防

髪の悩みでも最も深刻なものは、何と言ってもハゲでしょう。ハゲと一言で言っても、ハゲ方には様々なタイプがあります。男性と女性ではハゲ方が異なりますし、同じ男性でも大きく分けると、頭頂からハゲるタイプと額からハゲるタイプがあります。どれも髪がなくなることに変わりはありませんから、当人にとってはとてもつらいものですね。

若ハゲ

若ハゲとは、「若年性脱毛症」とも呼ばれているもので、「男性型脱毛症」の年齢が若い時にこう呼んでいるようです。若ハゲの症状は、早い人であれば10代の後半くらい〜20代で既に症状が出ている場合も少なくありません。若ハゲや普通の脱毛症には、男性ホルモンが大きく関わっているとされます。若ハゲに関わるテストステロンという男性ホルモンが、酵素の働きなどで別のホルモンに変換されてしまい、そのせいで発毛が抑制されてしまうのが原因で、若ハゲなどの脱毛症が起こるようです。では、若ハゲや脱毛症には遺伝というのは関係ないのでしょうか。若ハゲや脱毛症は、遺伝的原因も関係があるとされています。しかし、若ハゲや脱毛症の遺伝的要素は、不規則な遺伝とされています。そのため、若ハゲや脱毛症の症状が出ている人の親が必ずしも若ハゲや脱毛症の症状がある、というわけでもなく、隔世遺伝などで若ハゲや脱毛症の症状が出ることもあるようです。レーザー育毛はお勧めです。

若ハゲ対策

若ハゲ対策では、男性ホルモンのバランスや遺伝的な要素などに注目するのは当然です。そのほかには、若ハゲ対策として、シャンプーの回数を多くする人がいます。実は、このシャンプーの回数を増やすという若ハゲ対策は逆に若ハゲを進行させてしまう恐れもあるのです。若ハゲ対策としてシャンプーを多くやるという人は、若ハゲ対策として頭皮をキレイにしておこうと思っていると思います。しかし、一見若ハゲ対策として有効であるようなこの方法は、逆に頭皮を乾燥させてしまう要因となることがあるのです。そのため、正しい若ハゲ対策としてのシャンプーの回数は、適度に行うことが大切なのです。また、若ハゲ対策として、シャンプー類をきちんと丁寧にすすぎ流すということも大切です。その他の若ハゲ対策としては、食生活をみなおすということがあります。若ハゲ対策の観点から見ると、お肉や油っこい食べ物というのは、若ハゲにとってあまり良いとはいえないものなのです。